■大学院生募集

身体や細胞が働く仕組みは不思議がいっぱい
あなたも発見してみませんか?

自律神経って聞いたことありますか?自律神経とは、脳といろいろな臓器(心臓、腎臓・・)をつなぐ有線ケーブルで、臓器やその内部にある細胞の様子を感じ取って脳に伝えたり、また、臓器や細胞の様々な働きを調節しています。自律神経は、細胞の分化や増殖、幹細胞、免疫や、また、なんと、がんにも関わっている可能性があります(まだ秘密)。

Figure

細胞生理学では、自律神経や細胞の働きを対象に、生きた動物の臓器内の細胞の振る舞いを特殊な顕微鏡で観察する生体2光子イメージングと、臓器内の神経や各種細胞を遺伝子操作するエンジニアリングなどを多角的に組み合わせた研究を進め、身体や細胞の働く仕組みを調べていきます。さあ、あなたも、生命の不思議に取り組み、発見をしてみませんか?

私たちの研究室では,修士または博士どちらの大学院生も募集しています。出身大学、出身学部、文系・理系も問いません。理・工・薬・農・生命など、いろいろな学部出身者が在籍しています。 募集は年2回、例年8月と1月に入学試験が行われます(詳細はこちら)。

大学を卒業見込みまたは卒業した方で,

自律神経系に着目した研究 Research Focusing on Autonomic Nervous System (coming soon)

不安情動作用機構 Anti-anxiety System in the Brain

細胞の可塑性 Cellular Plasticity

に興味のある方は,下の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Contact us

Tel: 086-235-7109(担当:松下)
E-mail : hiroakim(a)cc.okayama-u.ac.jp ( ※ (a)を@に変えて送信してください。)
あるいは、
kamiyaa(a)okayama-u.ac.jp 神谷まで直接ご連絡いただいても結構です。